なにか不安だったり、ザワザワっとすることありますか?

それは、もしかしたら心が迷子状態なのかも。。。

焦り、不安。恐怖、それらを簡単に手放せれば

人は悩むことも少なくスムーズに生きていけるんでしょうけど。

なかなかそうはいかないものですよね。

雲の向こうにはサンサンと光を放ってる太陽があるはずなのに、
なかなか、その向こう側の光をみいだすことが出来ない。

私は、ずっと子供のころから常に生きづらさを感じて生きてきました。
周りは、「こうでなきゃいけない」「こうあるべきだ」
そんな世間体を押しつけてくる人ばかりで、嫌で仕方ありませんでした。

団体行動が好きじゃない。
何かに属することも嫌い。
群れるのも苦手。
常にどこかで、紐に縛られない自由を求めてる。

そんな周りのいう「普通」でいられない私と、
「普通」であることを求める周りとのギャップにいつも苦しんでました。

でも、悩み苦しんでいた子供の頃の私に会えるのなら
そして、もし私と同じように苦しんでいる人がいるのならこう伝えたい。

人は色んなタイプがいて、その一人一人みんな違うわけです。
誰一人同じ人間はいません。その中で自分も生きているわけです。

つまり、自分も色んなタイプの一人。ただそれだけのこと。

「普通」なんて言葉に惑わされないで。

自分はこういうタイプの人間だから、
仕方ないじゃん。
…それで、いいんだよ。

というのが、自分の答え。

すごく、簡単な答え。

社会で生きていく以上、人の迷惑にならないようにとか
最低限、法律に反することはやりませんけどね。(笑)

世の中には、色んなタイプの人間で成り立っているんです。
同じ型にはめず、同じ行動を求めるのではなく、
それぞれのタイプや能力に合わせた役割分担をすれば
もっと、穏やかな世の中になるのではないのかな~って
思ったりもします。

性格上(能力的に?)不向きな仕事を、
血をはくほど耐えてやり続けないと生きていけない世の中は、
どこか間違っているような気がしてなりません。

自分らしく生きていける場所を見つけてほしいと思います。

雲の向こうがわの光を探してみませんか?

最後まで読んでくれてありがとうございました。

「人と違うことは欠点なんかじゃない。それは個性というとても素敵な宝物。」

↑これは私のセルフコントロール用のTwitter(別アカ)で呟いてる言葉のひとつです。
 興味ある方は、連絡くださればこっそりアカウントお教えします。(*ノ∇^)ゝ

By: marc crumpler
CC BY-NC 2.0