ブレスレットの手直しのご依頼を時々いただきます。
今回は2本のブレスレットの依頼を承りましたので
ちょっと私の手直し作業をご紹介したいと思います。

これが、お預かりしたブレスレット。↓↓

2014-0707-1

どちらも、ゴム紐が切れて持ち主さんが
必死に結び直して繋ぎ止めありてましたが
ゴム紐も伸びきっていて。。。
腕に着けたときの見た目も良くないし
いつ切れてもおかしくない危うい状態です。

まずゴム紐をはずします。↓↓

2014-0707-2

おーっつ。ビックリなくらいゴム紐がボロボロです。
よくぞここまで耐え抜いた!ゴム紐さんお疲れ様。

もう1本の方も・・・↓↓

2014-0707-3

ゴム紐は劣化すると、黄色く変色してしまうので
ストーンの透明感を邪魔してしまうんですね。

次に流水で洗います。
これも、さざれ石と同じで汚れを落とすのと
浄化を兼ねての作業です。

そして、その時に使う私の秘密兵器!

じゃじゃん!歯間ブラシ~!↓↓ 2014-0707-4

実にこれは便利です。 歯のためじゃなく、
パワーストーンの通し穴の掃除のために作られた物じゃないかと思うくらい(笑)

流水で洗って綺麗にしたあとは
タオルの上に置き水分を拭き取ります。↓↓

2014-0707-5

ストーンが乾いたら次は、さざれ石の上に置いて
ここで2~3日ストーンに休養とってもらいます。↓↓もちろん浄化も兼ねて。

2014-0707-6

しっかり休んでもらって元気になったら、
もう一度ゴム紐で組み直して…
はい、出来上がり~↓↓

2014-0707-7

組み直しはご依頼人様の希望にあわせて
元の形ままに直したり
新しい石を足したり入れ替えたりします。

右のブレスレットは、ご依頼人様のご要望で
新たに、シトリンを入れてあります。

手直し前と後の違いわかりますか?↓クリックして画像大きくして見てください。

2014-0707-8

♪なんということでしょう。
ゴム紐の劣化で中心が黄色くなり
ストーンも元気をなくしていたブレスレットが

浄化して、新たな透明ゴムで組み直したことで
透明感を取り戻し、キラキラに輝いているではありませんか。♪
(♪ちゃらら~んら~らら…♪劇的ビフォーアフター風に)

と、こんな感じでやらせていただいております。
Plena*Lunaでは手直しも承っておりますので、
お手持ちのブレスレットを蘇らせたい方は
どうぞ一度ご相談くださいませ。