四神

このブレスレット(写真 左側)は作った時にキズナという名前をつけました。
ちょっと前に自分用に作ったものです。
私とよくお会いする方々は、もしかしたら
見覚えがあるんじゃないかなって思います。
そのくらい装着してる頻度の高いブレスレットです。

そう…名前の通り、キズナを繋ぎたくて作ったブレスレット。
これは、自分にしかわからないことなのですが、
きっと、これで繋がっていると、そう信じているんです。
ちょっとロマンチックに…そしてこの想いは不可能でないこと、
奇跡はおこるはず…そんな想いが込められています。
私の心を元気にしてくれるお守りでもあります。

 

石の構成は、メインがスターカットの水晶。
4つの色の石はか四神(四獣神)を意味しています。
(四神(しじん)は、中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣です。)

4つの色の石は・・・
ラピスラズリ:青→東の青竜(せいりゅう)
カーネリアン:赤→南の朱雀(すざく)
ベリル:白→西の白虎(びゃっこ)
ブラックスピネル:黒→北の玄武(げんぶ)
を入れてあります。

※ベリルはパステルカラーでさまざまな色合いをもつ石です。
その中の白っぽいものを選びました。

 

石の効能だけでなく、作る時に想いや願いを込める。
それが私のパワーストーングッズを作る時のコンセプトです。
同じ石を使っても、持つ人や込めた想いの違いで
パワーも変わってくるんだと思ってます。

余談ですが、

絆(キズナ) …。
昨年の震災以来、頻繁に使われるようになった言葉ですね。
ちょっとした流行語みたいになってしまってますが…。
本当はこの言葉はもっと崇高なもののように思うんです。
見えないモノだけど、繊細だけどゆるぎないもので
尊いものであり、純麗なものである…そんな意味合いを含んだ言葉。
あんまり軽々しくは使いたくない、大事な言葉ですね。