2014-0728-1

先日少し書きましたが、
ブレスレットが守ってくれた?お話です。

この前のイベントの時に私に会いに来てくださった
とある女性のお客さまが聞かせてくれたお話です。
その彼女は以前、私が作ったブレスレットを2つ買ってくださった方でした。

買ってくださったのは
ローズクオーツのブレスレットと
オニキスのブレスレット。

「ローズクオーツは女性らしさや美や魅力をUPしてくれる石で、
オニキスの方は、邪気を払ってくれるお守りですよ。」
買ってくださった時にそう説明をしてお渡ししてました。

彼女は、どちらかと言うと
ローズクオーツの方を気に行ってくださってたようで、
いつもは、そちらばかりを着けていたそうです。

それがある日、ふと、
「今日は、こっちにしてみよう。」
と、その日はオニキスの方のブレスレットを着けてお出かけされたそうです。

車でのお出かけでした…。

「事故とは、こういう風にして起きるんだな。」
…と思ったそうです。

右折のタイミングを間違ってしまった彼女の車!
対向車線には、走ってくるトラック!

「あ!もうダメだ。ぶつかる!」

絶体絶命!

逃げられない、死の恐怖。
その瞬間に、色んな想いが頭をよぎり…。

お願い!車は壊れてもいいから、命だけは助けて!!
そんな風にも、思ったそうです。

そんな彼女の思いを、神は見捨てませんでした。

奇跡的に、急ブレーキをかけたトラックは寸前の所で止まり、
彼女はかすり傷一つなく助かったのです。

でも、あまりの恐怖とショックでしばらくは動けなくなったそうです。
トラックの運転手も優しい人で、すぐに降りてきて
「大丈夫ですか!?」
と声をかけてきてくれたということでした。

「助かった…。」
そうわかった時、彼女は涙があふれてきて止まらなかったそうです。
この話を私に聞かせてくれた時も、
その時のことを思い出して少しウルウルされてました。

そしてその事故の時、ぱっと目に入ったのが
左手のオニキスのブレスレットだったそうです。
「このブレスレットが、守ってくれたのよ。」
彼女はそう言ってくれました。

いつもはローズクオーツのブレスレットを着けてたのに
なぜかその日は、オニキスが気になりそっちを着けていったということに
不思議な力を感じます。

左手に着けていたブレスレットが
左から来たトラックから守ってくれた。
・・・と。彼女は言ってました。

もちろん、石の力がすべてはないと思います。
とっさにブレーキをかけて止まってくれたトラックの運転手さんのおかげもであります。

もしかしたら大事故になったかもしれない…。
でも、誰も傷つかずにすんだその奇跡に
私の作ったブレスレットが力を貸して守ってくれたんだと
そう、思ってもらえたことはとても嬉しいです。

私は、いつも石を組む時には
これを着けてくれる人が幸せになりますように。
これを大事にしてくれる人を守ってくれますように。
と願いながら組んでます。

このお話を聞かせてもらった時
改めてパワーストーンの不思議な力を感じ、
そのブレスレットを作って、よかったと思いました。